体重48キロだと食べる量ってどれくらい?食事量を画像で紹介

48キロの食事量おやつあり 40代のゆる糖質ダイエット

10ヶ月で10kg減のダイエットに成功し、58キロから48キロまで痩せることができました。
この記事では、私が体重48キロの時に食べていたものを、実際の画像で紹介したいと思います。

お恥ずかしいですが、普段食べているものをですので、映えは期待しないでいただきたいです。センスなくてすみません。。

今回は、1日三食の
おやつなしパターン
おやつありパターン

の2パターン紹介します。48キロの人ってどんなものをどれくらい食べているのかな?とゆう興味がある方はぜひ参考にしてください。

食事以外で気を付けていたことも併せて載せておきますね。

スポンサーリンク

体重48kgダイエッターの食事量

まずはおやつなしパターンを紹介します。

ダイエッターの1日3食(おやつなしパターン)

48キロの食事量おやつなし

  • 朝 玄米入りご飯、ポテトサラダ、卵焼き、ぬか漬け
  • 昼 玄米入りご飯、豚汁、きんぴら、ポテサラだ、ぬか漬け
  • おやつ なし
  • 夜 麻婆豆腐、納豆、豆もやし、ぬか漬け

自分の食べる量を人と比較したことはないのですが、体重48キロ時は、おそらく一般の成人女性よりは少なめの食事量だと思います。

ゆるい糖質制限をメインにダイエットをすすめていました。だいたい朝は白米などで炭水化物をガッツリ摂取して、昼と夜は白米・パン・麺などの炭水化物は避ける食生活です。

この日は昼にも炭水化物を摂っているので、おやつなしで頑張ろう!とゆう気持ちです。

ダイエットも1年くらい続けているので、食事に関しては、割と自分でコントロールできる状態にあります。ただ、気持ちはいつもブレブレなので、食べたい気持ちを常に我慢している状況です。いつダムが崩壊して爆食いしてもおかしくない。でもスリムでいたいとゆう心のせめぎ合いをずっとしている感じですね。

続いておやつありパターンです。

ダイエッターの1日3食(おやつありパターン)

ダイエットで、間食はした方が良いのかどうか?とゆう疑問がよくでてきますが、自分の場合は間食はしない方が痩せる、体重減少にすぐ効果がでる場合が多いです。アスリートみたいに厳密な食事管理をしている訳ではないので、余計なもの食べたら太るに決まってますしね。

でもお菓子大好き。お菓子食べたい!とゆうときの、おやつありのパターンの自分の食生活を画像で紹介します。

48キロの食事量おやつあり

  • 朝 キムチスープ、ヨーグルト
  • 昼 厚揚げキャベツスープ
  • おやつ クッキー5枚
  • 夜 ハンバーグ、味噌汁、ほうれん草、チーズ、ぬか漬け

ゆるい糖質制限をしています。クッキーなどは糖質タップリなので控えたいところですが、お菓子大好きなので食べないとストレスで爆発してしまいそうになります(笑。

この日は朝・昼と糖質制限したので、おやつ食べてもいいよね!とゆう感じで計画的にクッキー5枚食べています。

上記に挙げた2種類の食事パターンは割と優等生な方で、我慢できずに色々食べちゃう日もモチロンあります。

でも48キロ台だと、もう周りの人は自分のことを太ってると思わないだろうし、自分もスリムであるとゆう自意識があります。スリムでいられるために食事管理は頑張ろう、と思えます。

だいたい1週間の中で、たくさん食べちゃう日があって、運動を頑張った日もあって、最近は自分頑張ってるな~と思えたらその週のダイエットは成功と思って良いと思います。毎日毎日頑張ろう!とか思うと疲れてしまうので。

食事以外で気をつけていたこと

48キロ当時の食事の画像を見返してみると、ぬか漬けや納豆、ヨーグルトなどの発酵食品をよく食べていました。腸に働きかけるのは大事だと思っていましたので。

でも正直、今思うと腸に良いからと理由をつけて色々食べたかっただけなのかなーと思います。

腸活も大事だけど運動も大事

腸に良さそうとか言って色々食べていたら、結局太りますからね。。

「食べるダイエット」とかありますが、食べ過ぎたら太ります。腸活も大事ですが、食事は適量を心がけること、腹八分目で済ませることが大事だなと。充分反省し、これからの指標にしたいです。

一方で、これは効果があった!と声を大にして言えるのは、やはり運動です。

自分の場合は、1日10分ほど、youtubeのエクササイズ動画を見ながら筋トレをやっていました。

又はストレッチですね。。

48キロ台のときは、ほぼ毎日筋トレかストレッチのどちらかはやっていました。

まとめ|食べる量、適正量は人それぞれ

体重48キロの時に食べていたものをご紹介しました。

食事の管理も大事ですが、身長158センチなので、50キロを切るためには運動も欠かせなかったなと思います。

いろんなダイエットがあり、自分はゆるい糖質制限を選びましたが、なにより継続するのがいちばん大変でした。

無理のない範囲でやってみる

いきなり普段の生活からかけ離れたような激しいダイエットを始めると続かないと思ったので、

  • 甘い飲み物は飲まない
  • 夜8時以降は炭水化物摂らない

など、実現可能そうなものからスタートして、できそうなことを増やしていったら結果10kg減を達成できました。これからダイエットを始めようかなと思っている方は、継続できそうなものから徐々に始めるのも良いかもしれませんね。

48キロ台のときの日記をまとめてあるので、よかったらこちらもご覧ください。

48kg
「48kg」の記事一覧です。